「コンディショニングバー」で美肌になる洗顔を目指そう!

IPSコスメティックスは、知性(Intelligence)と哲学(Philosophy)そして科学(Science)の融合により、美しさを追求することを企業理念に掲げ、この3つの文字の頭文字を社名にした化粧品メーカーです。

IPSコスメティックスの商品の中でも人気が高いのが
化粧石鹸のコンディショニングバーでしょう。

黒い四角い形をした固形石鹸を初めて見た人は、
少しびっくりするかもしれません。

いかにも高級感が漂い、品の良さのあるデザインとなっています。

黒い石鹸といえば、炭石鹸をイメージする方も
あるかもしれませんが、実際に手にとり使ってみると
まず驚かされるのは泡立ちです。

まるでホイップクリームのようなきめ細やかで
弾力のある泡ができます。

この泡でメイク汚れやもちろんのこと、酸化した皮脂や
古くなった角質などのいわゆる垢をしっかり包み込むようにして
落とすことが可能です。

格安な洗顔ソープにありがちなツッパリ感もなく、
しっかりと潤い感があり、お肌の弱い人でも
安心して使うことができるでしょう。

スキンケアで使うならIPSコスメティックス

IPSコスメティックス・コンディショニングバーの
主要成分は、カミツレ花エキスやローズマリー葉エキス、
さらにコメ発酵液やスクワランなどの保湿成分などが
バランスよく配合されています。

これらの有効成分が肌に必要な潤いを守りながら、
やさしく洗い上げていきます。

そして、毎日使い続けていくうちに、お肌がもちもちするような
弾力感が生まれ、透明感あふれる肌へと導いてくれます。

これほど洗顔するのが楽しみになる石鹸は
他にはなかなかありません。

コンディショニングバーの使い方は、普通の固形石鹸を使う場合と
同じように使うことができます。

まず手と顔を濡らしておき、その後しっかりと泡立てた泡で
顔全体を包み込むようにやさしく洗っていきます。

強くごしごし洗う必要はありません。
強力の泡に成分がしっかり汚れを落としてくれます。

洗い終わった後は水かぬるま湯で丁寧に洗い流せばOKです。

「カミツレ」はカモミールを指す!薬草としての効能は?

カモミールという名前はりんごのような甘い香りが由来で、ギリシャ語で大地のという意味を持つkhamaiとりんごを意味するmeloを合わせた言葉です。

日本に伝わってきたのは江戸時代末です。オランダからやってきて、西洋医学の民間薬として日本にも伝わりました。

名前の由来はオランダでの名前のカミルレが訛り、和名としてカミツレが広がりました。

カミツレはおよそ4,000年前から使われていた、最古の薬草とも言われています。
体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる効果があり、腹痛や胃の痙攣、生理痛などを和らげることが期待出来ます。カミツレにはアズレン誘導体という物質が含まれているので、胃の粘膜を修復して丈夫にすると共に消化機能を正常に整えてくれる効果もあります。

また、血行促進効果があります。カミツレは紅茶になっているのを見かけることが多いでしょう。
ホットで紅茶を飲むことで身体を温めることが出来ます。

カミツレのお茶には血行促進作用があるので、血流が改善されることで冷え性などを緩和させることにも役立ちます。
また、心身をリラックスさせる効果があるため、夜に眠る前にカモミールティーを飲むと良く眠れるようになります。

このように多くの効能があるカミツレですが、肌にとっていい効果が期待出来ます。
カミツレの精油に含まれるアズレン誘導体には、精油を蒸留する時に形成されます。
これは、優れた抗炎症剤として薬や化粧品に配合されている成分です。

アレルギーによって起きる症状や炎症を鎮静してくれるため、ニキビや肌荒れ、敏感肌など皮膚のトラブルに対しても効果があります。
また、カミツレのエキスは美肌の作用があることも知られています。
カミツレエキスの保湿成分が肌の水分バランスを整えてくれます。

角質層に潤いを与えて、ふっくらとしたもちもち肌を作るサポートをしてくれます。
特に乾燥肌に悩む方には強い味方となるでしょう。美白効果も期待出来ます。

カミツレのエキスにはメラニンを作り出すエンドセリンというホルモンを抑える効果があります。
カミツレを摂取することでメラニン生成を抑制し、顔のシミやそばかすの予防にもつながります。

カミツレには腹痛や生理痛、冷え性の改善を始め、多くの効能があります。
特に肌の保湿効果や美白効果、ニキビやシミ、そばかすの予防など期待出来る美容効果がたくさんあります。

肌トラブルに悩む女性の症状を緩和させることをサポートしてくれるため、カミツレは女性にとって強い味方だと言えるでしょう。