ヒバマタエキスとターンオーバーの関係

ipsコスメティックスは環境ダメージをブロックし、輝く肌を実現させるスキンケアアイテムです。
IPSコスメティックスのスキンケアに採用されるヒバマタエキスは、海藻由来の成分です。
亜鉛やヨウ素・食物繊維などがたっぷりと含まれており、肌のターンオーバーの正常化に役立ちます。

ヨーロッパでは食品として活用されていたことからも、身体に安全な成分であることがわかります。
ヒバマタエキスは副作用の心配がなく、毎日継続して補給できるのです。

細胞の新陳代謝を活性化するので、ターンオーバーが乱れている人に最適です。
人間の身体にエネルギーをもたらす栄養素は炭水化物と脂質・たんぱく質です。

摂りたい栄養素

これらは三大栄養素と呼ばれており、細胞を元気にするために欠かせません。
細胞レベルで元気にしていくことが、美肌を維持する秘訣です。

ipsコスメティックスは肌バリアを強化し、それにより外的刺激をブロックします。
肌の免疫力は年齢を重ねるほど低下していくため、特に30代以降の方は注意してください。

洗顔後の肌は乾燥しやすい環境にあるので、速やかに水分を与えてあげる必要があります。
水分で満たされた肌はプルプルとしており、外的刺激を跳ね返す強さを持っています。

環境ダメージを抑えることが美肌のポイント

ipsコスメティックスのPP2は環境ダメージに負けない肌を実現する日中用美容液です。
洗顔後に使用すれば透明感を引き出して、外的刺激をブロックしてくれます。

ipsコスメの活用

紫外線による刺激を抑制することは、ハリのある状態にするための基本です。
小じわが目立ち始めたら、年齢サインが出ていると考えてよいでしょう。

年齢サインに負けないためには、内側からのうるおいがポイントになります。
ipsコスメティックスは重ねるように塗布することで、浸透性を高められるのです。

ipsコスメティックスにはAOC6や明日葉、ホホバ葉などの成分も含まれています。
細胞に優しい植物抽出成分を使用しているので、肌を傷つける心配はありません。

免疫が弱っているときは、特定の成分が肌にダメージを与えてしまう可能性があるのです。
ひとたび肌がボロボロになってしまうと、紫外線の刺激をより強く受けるようになります。

紫外線は皮膚が受けるダメージのなかで最大だと言われています。
PP2の日中用美容液は日中のダメージを減らすことをコンセプトにしているのです。

ダメージを抑えることは肌への負担を減らし、ターンオーバーを正常に導くためにも欠かせません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)