ipsコスメティックスが贈る常盤貴子主演の名作

IPSコスメティックスの会長である井上浩一氏が製作総指揮した
「向日葵の丘1983年夏」は、2015年8月22日に公開された作品です。

ipsコスメティックスというブランド

物語の舞台となっているのは、バブルの好景気が到来する直前の
1983年の日本です。

主人公の多香子を演じるのは、国内の映画・ドラマだけでなく
既に海外作品でもその演技で注目を集めている常盤貴子です。

多香子とその女友達3人は、映画を通してお互いの友情を育んでいました。

一緒に映画館に足繁く通いながら作品を観ることはもちろん、
自分たちでも8ミリの映像作品を撮影するほどの熱中ぶりでした。

ところがそんな彼女たちの友情も映画熱も、ある出来事がきっかけで壊れ、
3人はそのまま卒業してしまいます。

社会に出てそれぞれの生活を送るようになって30年経った頃、
多香子は旧友が余命を宣告されていることを知ります。

懐かしい青春時代を過ごした故郷での3人の再会から、
多香子は遠い日の記憶となった30年前の思い出を振り返ることに。

バブル景気という激動の時代を含む30年を通して、友情とは何か
親子の絆とは何かを情感たっぷりに描いたipsコスメティックス提供の
感動作は、主演女優はじめ多くの豪華な俳優陣の熱演と共に
高い評価を受けました。

作り手と演者の熱い想いが大きな反響に

IPSコスメティックス会長が製作総指揮を務めたこの
「向日葵の丘1983年夏」は、バブル期という日本人にとって
得意な時代を背景にしていることもあって、国内の観客に
大きな感動を与えました。

感動

若者を中心にレジャーや遊び、食文化などの日常が多様に変化した
時代でもあったため、当時への懐古的な想いが人々を強く動かしたのかもしれません。

また、そのような変化の激しい時代の中でも人々にとって
変わらず大切なものである友情や親子の愛といったテーマを、
情熱を込めて演出した作り手とそれに応えた俳優陣の熱演も
感動を呼んだ要因でしょう。

ipsコスメティックスが提供し、熱い製作陣の想いが込められた
本作は、やがて海を越えて海外にも波及することとなります。

アメリカで開催された「ジャパン・フィルム・フェスティバル・ロサンゼルス・2015」の招待作品に決まったのです。

さらに、海外の人々にも高い評価を受けたこの作品は、
主演の常盤貴子がアウトスタンディング・アーティスティック・
パフォーマンス賞を受賞するほどの高評価を獲得します。

この結果は、IPSコスメティックスが人々が大切にすべき
絆について問いかけた名作が、国内および海外の多くの観客に
認められた証です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)