ipsコスメティックスの「UVプロテクションクリーム」の特徴と使い方

正しい使い方

ipsコスメティックスの日焼け止めを使う際は、必ず洗顔して
化粧水や乳液で肌を整えた後に塗布することが大事です。

スキンケアをしていないと、肌は非常に乾燥しやすいといえます。

つまり、そのままipsコスメティックスのクリームを塗ってしまうと、
乾燥が目立つうえに余計な皮脂が分泌されて肌がテカってしまう
恐れもあります。

また、その上からファンデーションを塗ってもきれいに仕上がる
ことがありません。

メイク崩れもしやすいので、スキンケアで保湿を行った後に
使うようにしましょう。

日焼け止め

ipsコスメティックスのUVプロテクションクリームの使い方は、
まず額と頬、鼻と顎に適量、クリームをのせていきます。

その後、手の指で優しく均一になるように伸ばしていきます。

顔の中でも頬と鼻は特に紫外線を浴びやすく、シミになりやすい
箇所です。

そのため、全体に塗ったら、クリームを適量とって重ね塗りを
行うようにすると良いでしょう。

ipsコスメティックスのUVプロテクションクリームの特徴

日差しが強くなる夏の時期は、紫外線対策として日焼け止めを
購入する人は少なくありません。

紫外線をまともに浴びるとシミの原因にもなる上に肌の乾燥も
目立ってしまうものです。

一口に日焼け止めと言っても様々な種類がありますが、特に人気を
博しているのがipsコスメティックスのUVプロテクションクリームです。

SPF50、PA+++と最強の日焼け止めであるため、日差しが強い夏の
時期もきちんと紫外線から肌を守ってくれます。

日差しが強い

ipsコスメティックスの日焼け止めは、紫外線吸収剤をカプセル化
した2種類のサンスクリーン剤が配合されているのが特徴的です。

紫外線吸収剤がカプセル化されているので、肌に塗布した際に
刺激を与えることがありません。

つまり、肌を保護しながら紫外線を強力にカットできるので、
乾燥肌や敏感肌の方も安心して使うことが可能です。

さらに、ipsコスメティックスが独自に開発したテトラナノプラチナと
いう成分が配合されているのも特徴です。

テトラナノプラチナが入っていることで、メイク前の肌質を
きれいに整えることができます。

さらに、肌に適度な潤いを与えることができ、美肌へと導いてくれる
作用もあります。

クリームはべたつきが一切なく、肌に塗布すると滑らかに伸びて
肌なじみがとてもいいです。

さらに、白浮きすることもないことから、クリームを塗布後にメイクを
してもフィットしやすいのが魅力です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)